スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本「まんがでわかる7つの習慣」

こんにちは。

またご無沙汰してます(^_^;)

いきなりですが本題へ。

ビジネス本ですが、私にとっては人生の教科書のような本で「7つの習慣」があります。

完訳 7つの習慣 人格主義の回復完訳 7つの習慣 人格主義の回復
(2013/08/30)
スティーブン・R・コヴィー

商品詳細を見る


なんてこれは分厚すぎて図書館で予約して取りに行った時は即「読めない!」って思いました(^_^;)
もっとわかりやすくて読みやすいものはないかな~?って思っていたらこれがありました!!

まんがでわかる7つの習慣まんがでわかる7つの習慣
(2013/10/11)
フランクリン・コヴィー・ジャパン

商品詳細を見る


マンガなんで分かりやすいし、読み返すのもそれほど苦でもないというね。

私にぴったり!

内容はこんな感じです。(長いですよ)

「アウトサイド・イン」と「インサイド・アウト」
自分は正しい、相手が間違っているというパラダイム(物の見方)を持ち続けていたら何も変わらない。他人や組織、環境など自分の外側(アウトサイド)が変わらないと結果も出ないと思うのが「アウトサイド・イン」という考え方だ。
そうではなく、自分の内面(インサイド)、つまり考え・見方・人格・動機が原則にあっているかに気をつけ、行動を変えることで結果を引き寄せようとする意識が大切だ。この姿勢を「インサイト・アウト」といい、コヴィーは7つの習慣の前提として重要視している。(P.25)


すべては自分の見方次第
自分の外に原因を求める場合
See(物の見方)
・自分にはできない
・誰か助けて欲しい
  
Do(物の見方から来る行動)
・チャレンジしない
・努力しない
  
Get(行動の結果、得る物)
・結果が出ない
・学ぶ機会がない
・自信がつかない

Seeを変えると

自分の内に機会を見出す
See
・自分にもできるかも
・トライしてみよう!
  
Do
・頑張ってみる
・工夫して努力する
  
Get
・結果が出る
・気づき、学びがある
・自信が持てる (P.25)

となるならしい。

第1の習慣 主体的である
・主体性を持つ
・流されない
・自分の行動に責任を持つ
良い事も悪い事も含めてどういう行動を取るにしてもそれを選択しているのは環境や誰のせいでもなく自分だという事。

反射的に行動せず、自覚して行動を選択する
性格や行動の原因を環境のせいにする
嫌な環境・刺激に対して流された行動(無自覚な反射)
  
結果(単なる出来事)
 ・失敗→あいつのせいだ、運が悪かった
 ・欠点→家庭環境が悪かった
 ・不得意→家系のせい、遺伝のせい 

性格や行動を自覚して行動する
嫌な環境・刺激に対して主体的な行動(自分で自覚した自覚的な行動)
  
結果(選択による帰結)
 ・失敗→次はこうしてみよう
 ・欠点→少しずつ直して行こう
 ・不得意→得意な人に任せる、勉強して克服しよう(P.45)


周りや環境のせいにしても何も始まらない。
例えば、どういう1日にするかは自分次第。どういう結果でも自分で選んで決めたこと。
悪い結果が出たとしても次の行動で修正していくしかない。

第2の習慣 終わりを思い描くことから始まる
・人生の終わりを考える(どうなりたいか)
・それによって人生の目標を持つ
・行動する
・ブレない。ブレた時は原点に立ち返る

第3の習慣 最優先事項を優先させる
・時間管理ではなく(それはそれで大事なんだけど)、それだけでなく「緊急ではないが重要なこと」に目を向けてみる。
 その時、その時、何が重要かを見極める
・任せる事もお互いの成長に繋がる

ここまでが私的成功で第四の習慣からは公的習慣になります。

第4の習慣 Win-Winを考える
・自分も勝って相手も勝つ
・両方いいとこ取り
・場合によっては取り引きしないこともあり
・売り言葉に買い言葉でムキにならない
・相手を言い負かすことでもない
・相手を思いやる
・与える人が最も豊かになれる
取り引きの話でお互いにハッピーとかあるの?理想だけどどうなの?とか思ってしまいました。
やっぱり勝ち負けとか思っちゃいます。
でもお互いにハッピーになれる道があるならそれがベストですよね。
相手を思いやりつつ、自分にも喜びもあるというのもいいですね。

第5の習慣 まず理解に徹し、そして理解する
・人の話を聞く(その時に自分の話はしない)
・特に子供と話す時には注意なんだけど、上下関係を作らない
結局、自分を理解してもらうために必要なのは、いかに普段から相手を尊重し相手に寄り添えるか、いかに相手の目線で世界を見ようとしているかに尽きる、ということ。(P.134)

第6の習慣 シナジーを創りだす
シナジーとは個別のものを合わせて個々の和より大きな成果を得ること。
シナジーの本質は、「違いを尊重すること」にある。だが、多くの人が、自分とは違うものには否定になりがちだ。年齢や職業が違うだけで、コミニケーションを諦める。異性や同僚とうまくいかないと、相手の間違いにする。そのほか、育った環境、文化など、挙げればきりがない。
そもそも人は、違う人生を生きているのだから、考え方や味方は違って当たり前。人との違いは率直に認め、相手の長所から学ぶ。こんなふうに相手との「違い」を尊重しよう。(P.150)


第7の習慣 刃を研ぐ
第7の習慣は「刃を研ぐ」。体調(肉体)、観点(精神)、自立性(知性)、つながり(社会・情報)の4つの側面でバランスよく刃を研ぐ時間をとる習慣だ。
・肉体的側面で刃を研ぐとは、運動によって体をメンテナンスすること。持久力、柔軟性と強さという3つを意識する。健康な体なら第1の習慣「主体性を持つ」続けやすい。
・精神的側面で刃を磨くとは、自らの価値観を深く見つめること。第2の習慣で行う自分への反省と関係している。読書や音楽鑑賞、自然の中に身を置くことなどで、自分の心と向き合うようにする。
・知的側面で刃を研ぐとは、知的情報収集力や選択力を磨くこと。第三の習慣に基づき、自分の目的や価値観にあった番組や優れた本を読むようにする自分の考えや経験を日記に書くのもいい。
・社会・情報的側面で刃を研ぐとは人間関係においても自分の価値観に忠実に振る舞うこと。仕事やボランティアによる社会貢献などの活動で、公的成功を目指す第4・5・6の習慣の為に必要な事だ。(P.170)

第7の習慣はI~6の習慣を身につけることで自分自身が鍛えられ、自分の価値が高まれば誰かの支えになることもできる。
そうすることで上へ向かう螺旋階段のように自分自身が高まり、好環境も生まれてくる。
そして自分に人生も変わってくる。
                                         以上

私がこの本で思ったことは、もっと早く出会いたかったなーって思いました。
でも、今、出会ったからこれからかな。
少しずつでもこの教えに沿うようにできたらいいなって思います。
ここに書いた以外にももちろんいろいろ書いてあって、気づきがあります。
ビジネス本なんだけど、どの環境にも沿うように書かれていると思います。

いつかまたあの分厚い本にも挑戦してみたいです。


読んでくれてありがとうございます。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

自己紹介

ハナッペ

Author:ハナッペ
30歳代後半の専業主婦です。
結婚して10年ちょっとですが、未だに家事が苦手です。
いつかは普通に家事がこなせる主婦になりたい・・・を夢見て奮闘中!

最近の記事
コメント ありがとう!
ブログ内検索
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


カテゴリー
By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

大事なこと
④から世界の皆様へ&知人・友人へ勇気と愛情を持って伝えて欲しい言葉です。
連れ検診&連れ受診で病気早期発見と早期治療で全世界を笑顔に♪
何卒、お体にはお気をつけ下さい。
(女性の皆様は、連れ受診の輪を広げましょう)
(男性の皆様は、女性に産科検診を勧めましょう)
④&rioのようになって欲しくないです  
「おいしい できごと~♪」の④さん&りおさんからのお願い↑
愛する人(親・兄弟・配偶者・友人など)を守るために、悲しませないために健診に行きましょう!勧めましょう!
まずは健康作りの第一歩です。   
なりたい自分(目標)
いつでも人が呼べる家作り
お料理上手・バランスのいい食事作り(簡単レシピでね)
節約上手
ダイエット成功(目標は1か月1~2kg減)
字が上手くなりたい
周りにあまり流されない
自分の意見をしっかり持つ
悩み過ぎないでフットワークを軽くしたい
ブログリスト
旧ブログ
「大切な時間」
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
RSSフィード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のトラックバック
FC2カウンター
カウンター
現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。